非課税取引 信用保証料

このウインドゥを閉じる

借入をする際、自分一人では貸す方も信用できないので、第三者(保証人)に信用を保証してもらいます。その保証してくれた対価として保証料を支払うことがありますが、これが信用の保証料で、非課税取引となります。

また、誰かの借入に対し自分の財産を担保として保証してあげる物上保証についても、これに係る物上保証料は上記と同じ非課税取引となります。