消費税パーフェクトガイド

 税抜経理と税込経理 どっちがいい?

消費税の課税事業者となった場合、「預った消費税」と「支払った消費税」を記帳しなければいけません。この記帳の方法には「税抜経理」と「税込経理」の2種類があります。

税抜経理

「預った消費税」を「仮受消費税」、「支払った消費税」を仮払消費税として区分経理する方法です。


税込経理

取引金額を全て税込金額とし、消費税分を区分経理しない方法です。

税抜経理は取引ごとに「預った消費税」「支払った消費税」を計算する必要がありますが、税込経理ではその必要がありません。事務手続き面では税込経理のほうが楽に記帳できます。税抜経理を採用するには会計ソフトの利用が欠かせません。

会計処理/試算表の比較

実際に税抜経理と税込経理の違いを比較してみましょう。

  • 取引: 商品を1,080,000円(税込)で仕入れました
  • 商品を2,160,000円(税込)で販売しました
  • パソコンを432,000円(税込)で購入しました
税抜経理 



税込経理 

二つの試算表(P/L)を比較して分かるように、税込経理のほうが利益額が大きくなっています。(取引が売上及び経費しかない場合には両者の利益額は一致します)

 税抜経理と税込経理 節税の比較 どちらがお得?


交際費課税


現在(H25.4.1〜H26.3.31までの間に開始する事業年度)、資本金1億円以下の中小法人では、年間800万円までが経費として認められ、800万円を超える部分の金額は経費から除かれます。交際費が年間1,000万円であれば、800万円を超えた部分の200万円が経費となりません。

この金額基準は会社が税込経理であれば税込で、税抜金額であれば税抜で判断することとされています。

例えば年間交際費を1,080万円(税込)とすれば、税込経理の場合には1,080万円−800万円=280万円が経費から除かれますが、税抜経理の場合には1,000万円−800万円=200万円となり、税抜経理のほうが80万円経費から除かれる額が少なくなり有利となります。


 資産購入 


資産を購入した場合、それを経費とするか資産とするかは金額により区分されています。この金額基準も、会社が税抜経理か税込経理かで判断されます。

例えば税込10万円のパソコンを購入した場合、10万円以上の金額は資産計上することとされていますので、税込経理であれば購入時に経費とはできず、資産としなければいけません。

一方税抜経理の場合、税抜金額は92,593円で10万円未満となり、購入時に経費とすることができます。
 また現在は30万円未満の資産は購入時に費用とできる特例がありますので、その金額の判断も同様に行うこととなります。

トップページへ 前のページに戻るこのページの上へ